ファクタリング会社を選ぶ時のポイントを解説

ファクタリングの概要と会社を選ぶポイント

ファクタリングの概要

このコラムをシェアする

2社または3社ファクタリングについて

2社ファクタリングは、ファクタリング会社を利用する側とファクタリング会社の2社間で契約を結ぶ形です。
売掛先の企業とのやり取りが完了した場合、売掛金が発生し、ただちに売掛金をファクタリング会社に売却します。その際に、売却した売掛金の金額から買取手数料を差し引いた分が振り込まれます。その後、売掛先の企業から入金日に売掛金が振り込まれ、その売掛金をファクタリング会社の送金するという仕組みです。
3社ファクタリングは、ファクタリング会社を利用する側とファクタリング会社、売掛先の3社で契約を結ぶ形です。
売掛金が発生したら、ファクタリング会社に売掛の買い取り依頼を行います。
ファクタリング会社は、売掛先に債権譲渡の承諾を得て、3社間で契約を行います。
売掛金の金額から買取手数料を際引いた額がファクタリング会社を利用する側に振り込まれ、売掛先の企業からファクタリング会社へ売掛金の入金日に、直接送金します。

買取、医療ファクタリングについて

買取ファクタリングとは、ある企業が保有している売掛金をファクタリング会社が買い取ることで、資金調達を行うことができるものです。
これは、2社でも3社でも行うことができます。売掛金について取引先に信用を供与することを重視しますので、中小企業でも利用しやすいと言われています。
医療ファクタリングとは、国民健康保険団体連合会や社会保険診療報酬基金に請求することで、支払いが行われる診療報酬並びに介護報酬をファクタリング会社が買い取るしくみのものを指します。
一般的には、3社間での契約となっています。
病院や調剤薬局といった、診療報酬や介護報酬が発生する事業者が利用することができます。手数料は、他のファクタリングよりも低い手数料で利用できるそうです。