ファクタリング会社を選ぶ時のポイントを解説

ファクタリングの概要と会社を選ぶポイント

ファクタリングの始め方

このコラムをシェアする

ファクタリングの流れについて

契約の流れとしては、まず、ファクタリング会社を利用する側から支払い義務が生じる企業に商品またはサービスを提供します。
その際、支払い義務が生じる企業に対して、代金の請求を行います。
ファクタリング会社を利用する側は、ファクタリング会社に売掛金を売却します。
その後、ファクタリング会社は、売却した売掛金の金額から手数料を引いた額をファクタリング会社を利用する側に支払います。
これで、資金調達が完了となります。
この流れの期間としては、最短で2日から3日で資金調達を行うことができるそうです。
しかし、これはファクタリング会社によって契約方法や審査にかかる時間が異なる場合がありますので、資金調達にかかる日数も変わってくるでしょう。

必要な書類とは

必要な書類は、まず商業登記簿謄本と印鑑証明書があげられます。
これは、契約書に署名や押印をするサインの証明として使用されます。いわゆる自分の証明書です。
さらに、過去の決算書や確定申告書があげられます。
過去の決算書や確定申告書は、会社としての業績がどのようなものかということを確認します。過去3年分あると安心できるかと思います。
会社として信頼できるかどうかを見極める1つの判断基準となるでしょう。
さらに、過去の売掛金企業の取引がどれぐらいあるのかということを把握するために、過去の入金が確認できる通帳も必要です。
売掛金企業との基本契約書や、個別で作成した契約書、発注書、納品書、請求書も準備しましょう。
これは、売掛債権の額、入金日を確認します。