ファクタリング会社を選ぶ時のポイントを解説

ファクタリングの概要と会社を選ぶポイント

ファクタリング会社はどういった会社を選べばよいか

このコラムをシェアする

企業概要と手数料について

まずは、企業概要です。
これは、ファクタリング会社を選ぶ際だけではなく、他の場合もあてはまるのですが、企業として信頼できるのかどうかを見極めるために企業の情報を見ましょう。
会社名、代表者名、所在地、資本金、設立年数、電話番号、事業内容、アクセス方法など基本の情報がオープンになっているかどうかを確かめましょう。情報があまりにもなさすぎる会社は、信頼できる会社ではない可能性があると考えられます。
また、手数料が妥当な額かどうかを見ましょう。
2社ファクタリングでは、平均10%から20%前後と言われています。一方で、3社ファクタリングは、平均2%から9%前後と言われています。
必要以上に、手数料がかかる会社は、安全ではないと考えられます。

日数、債権買い取り額、信頼

資金調達をこの日数で行いたいといったように、利用者側のご都合によって資金調達を行いたい期間は変わってきます。そのため、希望する資金調達日数を確認することが大切です。
2社ファクタリングの場合は、その日または2日間程度、3社ファクタリングでは、3日から1週間程度と言われています。
資金調達が叶えたい日数によって、2社か3社かを選ぶ必要があります。
また、ファクタリング会社によって買い取り可能額の上限と下限が異なります。
つまり、売却したい売掛金がどれぐらいかということをまず把握した上で、決定した売掛金に対応してくれるファクタリング会社はどこかと探して選ぶことが重要です。
また、会社としての対応も見ておきましょう。
お金が関わることですので、誠実に対応し、言っていることと行動が伴っているかということを見て、判断することが大切です。